介護リフトとは

2点ベルト型スリング

特徴

2本のベルトで背と太ももを支えます。着脱はもっとも簡単です。座位能力が十分にある人に使えます。吊り上げた状態で下着の着脱ができるので、トイレへの移乗にも対応できます。
身体機能との適合範囲がもっとも狭く、状態のよってはベルトの間から抜け落ちる、ベルトの上を滑り落ちる可能性があります。

このような方へ

筋肉のコントロールがある程度できる方が対象となります。特に脇に力を入れ、上肢を支えられる方に向いています。

製品紹介

ミクニ 2点ベルト

ミクニ 2点ベルト

ミクニ

脚ベルト、胴体ベルト共にクッション入りサポートを採用。シワがよらず簡単に装着できます。胴体ベルトには体幹保持ベルトが付属しています。

吊り重量 100kg
材質 シート:ナイロン
ストラップ:ナイロン
シート強度材:ポリエステル

 

NEBAスリング 85F

NEBAスリング 85F

NEBA

クロスベルトタイプ(ボア付き)

胸スリングの胸部ベルトが、体のズレや脇への負担を軽減します。
体幹のベルトと脚部のベルトを交差することにより従来のベルトスリングに比べ、臀部の落下の危険性が軽減されました。

素材 強化ナイロン・ポリエステル

 

ウェル・ネット セパレートスリング

ウェル・ネット セパレートスリング

ウェルネット

胸スリングの胸部ベルトが、体のズレや脇への負担を軽減します。

・自分で頭を支えられ、脇を絞めることができる方
・股関節の角度を維持できる方
・体重120kgまで

サイズ S(胴回:60~85cm)
M(胴回:85~100cm)

 

スリング選びの重要性

スリングの選択にてリフトの適応が決まることが多々あります。
介護リフト生活では、福祉用具専門相談員や福祉住環境コーディネーター等の資格を持った経験豊富なスタッフに安心してご相談いただけます。
常にご利用者の視点からアドバイスを心がけております。
何でも相談できるスペシャリストだからこそ福祉用具、住宅改修の垣根を越えて複合的なご提案が可能です。 まずはお問合せください。

ご相談・現地調査・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。