介護リフトとは

「 家族と同じテーブルで食事をする。」
「家のお風呂にはいる。」
「リビングで一緒にテレビを見る」
『介護をする人の負担を増やすことなく、家の中を移動できる。』それが介護リフトです。

介護リフトを利用することで、介護者は、「力の介護」から解放され、介護される方は安心で安全な生活を送ることができます。

介護リフト

介護リフトに大事な2つのポイントは、
  1. 介護される方を安全に吊れること
  2. 介護者が正しく操作できること

介護リフトは、快適で安全な暮らしをサポートする福祉器具です。

介護リフトには、主に次の3種類があります。

天井走行リフト(レール走行式)

天井走行リフト(レール走行式)

天井走行リフトは、天井、壁または支柱など頭上に取り付けたレールに沿って移動するリフトです。
また、面移動が可能なXYレールシステムは、大変使い勝手が良いです。

詳しく見る

支柱設置型リフト

支柱設置型リフト

壁面、天井、床などに支柱を固定し設置するリフトです。
支柱を軸としてアームが回転し、移動動作が可能となります。

詳しく見る

床走行式リフト

床走行式リフト

設置工事を必要としないリフトです。
広い施設や病院などで、利用したい場所までリフトを移動させて使うことができるので、コストパフォーマンスに優れております。

近日発売予定!
つるべーY6セット 当社にてご紹介しております。

詳しく見る

自立支援移乗機

床走行式リフト

トイレ介助に最適。寝たきりにならない…
自立支援のために。力のない女性でも軽々と介助することができます。

詳しく見る

吊り具(スリングシート・リフト対応キャリー)

リフトで大事な人を吊り上げるスリング(吊り具)です。
この吊り具選びは非常に大切です。リフトを使いこなせるかどうかは、吊り具の選び方によって大きく変わります。
体型や身体状況にあわせたスリング選びは、しっかりと時間をかけてプロが選ぶものです。

脚分離型スリング

脚分離型スリング

身体を支える部と両大腿部を支える部の形をしたシートです。 最もスタンダードなスリングシートで吊り具の着脱は座位姿勢で行えます。臥位でもできます。
※頭を支える「ハイバックタイプ」と、首の座った方が利用する「ローバックタイプ」があります。

詳しく見る

シート型スリング

シート型スリング

身体状況が脚分離型スリングシートで対応できない方が身体全体を包み込み、臥位にて着脱します。
座位では使用不可な為、座位にトランスした際は敷きっぱなしとなります。
※頭を支える「ハイバックタイプ」と、首の座った方が利用する「ローバックタイプ」があります。

詳しく見る

2点ベルト型スリング

2点ベルト型スリング

セパレート(ベルト)型は、2本のベルトまたは2枚のシートで吊り上げます。
スリング着脱がもっとも容易なスリングといえますが、比較的に高い身体状況の方でないと、利用できない場合いがあります。
※股関節、肩関節、肩甲骨の固定力を必要とし、適応は慎重に行う必要があります。

詳しく見る

トイレ用スリング

トイレ用スリング

脚分離型の臀部のおおいを小さくしたタイプ。吊り上げた時、臀部が大きくあくので、下着 などを着脱させることができます。身体機能によって臀部が落下した姿勢になりやすく、これを防止するために、胸ベルトがついているタイプや吊り上げるにし たがい体重で胸を押さえるタイプなどがあります。

詳しく見る

歩行用スリング

歩行用スリング

立ち上がり、歩行訓練、バランストレーニングに適しています。

詳しく見る

リフト対応シャワーキャリー

リフト対応シャワーキャリー

リフトで吊り上げ可能なキャリー。リクライニング機能などを併せもった乗り心地と使いやすさを追及したキャリーです。

詳しく見る

スリングシートの選び方

吊り具はリフトには欠かすことができない物で、利用者の体を抱えてくれる重要な部分です。
移乗者の体型や身体機能や皮膚の状況、使用場面、介助者の状況などの条件に合わせ、吊り具の種類(形・大きさ・素材等)を選択して決めます。スリングの選択にてリフトの適応が決まることも多々あります。
介護リフト生活 お問い合わせは無料です。